RSS

経営危機のタイ航空 労組が分割民営化に反対

2020年5月7日(木) 23時00分(タイ時間)
【タイ】経営危機に陥っているタイ国際航空の労働組合は7日、フェイスブックに声明を出し、タイ航空はフラッグキャリアであり、会社の分割、民営化に反対すると表明した。

 労組の声明に対し、フェイスブックには、「税金泥棒」「倒産しろ」といった批判が殺到している。

 タイ航空に関しては、プラユット首相が5日、政府による資金援助の条件として、経営改革の実行と従業員の協力を挙げ、今回が経営再建の最後のチャンスと警告していた。再建計画の具体的な内容は明らかになっていないが、運航機数と従業員の削減は避けられない見通し。

 タイ航空はタイ財務省が株式の51%を保有する国営企業。2012~2019年に累計約660億バーツの赤字を出し、2019年末の負債総額は約2450億バーツに上る。すでに危機的な状況の中、新型コロナウイルスでほぼ全面運休に追い込まれた。

 タイ政府が経営改革のためタイ航空に送り込んだ過去3代の社長はいずれも就任1、2年で辞任した。交代の度、社長不在の期間は1年以上に及んだ。直近では2018年9月に就任したスメート社長が今年4月付で辞任した。いずれも軍や政治家の利権構造、強力な労組などに経営改革を阻まれ、辞任に追い込まれたとみられている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空の機長が、乗客として搭乗した同僚にファースクラスの座席を用意させるため、一般の乗客にビジネスクラスに移ることを強要し、しかも、この騒ぎで離陸が2時間以上遅れたことが明らかになった。

【ラオス】9日夜、ビエンチャンのワッタイ国際空港で、誘導路を走行していたタイ国際航空のビエンチャン発バンコク行きTG575便エアバスA330-300型機が駐機中のビジネスジェット機に衝突した。

【ドイツ】タイの公共放送タイPBSなどによると、今月1日、タイ国際航空のバンコク発プーケット経由フランクフルト行きTG926便がフランクフルト空港に接近する際、最低安全高度を下回る低空飛行をしたとして、ドイ...

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ国際航空は7日、同社の女性客室乗務員がブランド品を密輸した疑いで逮捕されたと発表した。

【タイ】タイ国際航空は20日、17日の上海発バンコク行きTG665便が機材(A350-900型機)の不具合で運休した際の対応をインターネットの交流サイト(SNS)で批判されたことに対し、別便や食事、宿泊先の手配など国...



新着PR情報