RSS

タイ農耕祭、新型コロナで規模縮小 枢密院議長が国王代理

2020年5月12日(火) 11時44分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ王室の田植えの儀式「プートモンコン(農耕祭)」が11日、バンコクのジットラダー宮殿で行われた。

 タイ政府観光庁(TAT)によると、「プートモンコン」は13~15世紀のスコータイ王朝より続く儀式。2頭の聖なる牛が、盆に乗せた玄米、とうもろこし、豆、ゴマ、草、水、酒から何を選ぶかによって、その年の作物の出来を占う。

 儀式は例年、国王もしくは皇太子臨席のもと、王宮前広場で行われるが、今年は新型コロナウイルス感染症のため、開催場所を変更し、スラユット枢密院議長がワチラロンコン国王の代理を務めた。聖なる牛による儀式も行われなかった。
《newsclip》

特集



新着PR情報