RSS

マウスコンピューターのMCJ、シンガポール子会社不振で13.4億円特別損失

2020年5月12日(火) 22時24分(タイ時間)
【シンガポール】パソコンメーカーのMCJ(埼玉県春日部市)は12日、シンガポール子会社でIT製品の修理を手がけるR-ロジック・インターナショナルの企業価値が下落したため、のれんの全額を減損処理し、2020年3月期連結決算で13億4300万円の特別損失を計上すると発表した。

 MCJは2017年にR-ロジックを子会社化した。買収後の業績が想定を下回り、新型コロナウイルス感染症の影響で収益に関する不透明感がさらに強まったと判断、減損処理に踏み切った。
《newsclip》


新着PR情報