RSS

パナソニック 洗濯機と冷蔵庫のタイ生産拠点閉鎖、ベトナムに移転 タイで話題に

2020年5月21日(木) 22時11分(タイ時間)
【タイ】パナソニックが洗濯機、冷蔵庫を生産しているタイの生産拠点を2021年3月末に閉鎖し、ベトナムに移転することが明らかになった。従業員約800人は解雇もしくはグループ内で配置転換する。

 パナソニックはタイに数十年根付くブランドなだけに、このニュースはタイでも大きく報じられた。インターネット上には「賃金の上昇が理由」、「タイ政府がいつまでも非常事態宣言を出しているからだ」、「タイ人が働かないから」、「このブランドはもうタイでは人気がない。何の問題もない」、「パナソニックのエアコンと冷蔵庫を10年使っているが、一度も壊れたことがない。韓国製、台湾製より値段が高いわけでもない」など様々なコメントが投稿された。

 タイの著名な経済ニュースキャスターは日本の電気製品メーカーは東南アジア諸国連合(ASEAN)の生産拠点としてベトナム、インドネシア、フィリピンを重視していると主張。3カ国ともタイより人口が多く、人件費が安く、言語能力が高いなどとして、タイの将来に強い懸念を示した。
《newsclip》

特集