RSS

ラオス初の民法典施行 日本政府が支援

2020年5月27日(水) 20時59分(タイ時間)
【ラオス】日本の外務省は27日、ラオス初の民法典が施行されたことを歓迎し、ラオスの国家運営や経済社会開発を支えるルールとして市民の権利や利益の実現に寄与することを期待するとする外務報道官談話を出した。

 談話によると、日本は1998年以降、技術協力などを通じ、ラオスの法制度整備を支援してきた。民法典は2012年から6年以上にわたる起草支援を経て、2018年12月にラオス国民議会で承認された。起草に当たっては、ラオス政府の主体性を尊重しながら、両国関係者の協力の下、ラオスの社会や文化に即した条文が一つ一つ地道に作り上げられた。
《newsclip》

特集



新着PR情報