RSS

トヨタモビリティ基金、インドネシアで新型コロナ検体輸送のオンデマンド型サービス開始

2020年6月8日(月) 20時42分(タイ時間)
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
オンデマンド型シャトルバスの画像
オンデマンド型シャトルバス
《画像:トヨタ自動車》
トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、インドネシアにて、医療従事者が安全かつ効率的に検体を検査機関に運ぶためのオンデマンド型輸送サービスを6月5日より約3か月間を予定で開始した。

輸送サービスでは、トヨタアストラモーター社とトヨタ ダイハツ エンジニアリング アンド マニュファクチャリングの運営支援を受け、インドネシアにおけるジャカルタ首都特別州北ジャカルタ地区と西ジャワ州ブカシ地区にある6つの医療機関を対象にして、4台の車両をオンデマンドで運行する。

車内には空気清浄機を設置するとともに、定期的なシートカバー交換や頻繁な清浄などの衛生管理を行う。また、検体を検査機関に運ぶ医療従事者がアプリから乗降場所と乗車時間を指定し座席を予約すると、他の医療従事者からの要望も踏まえた最適な輸送ルートが選定される。現在、医療従事者は検体の輸送手段を個別に手配しているため、本サービスにより簡易的、効率的な検体輸送が可能になる。

TMFは今年4月以降、タイのバンコクとフィリピンのマニラにて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に携わる医療従事者の通勤負荷を軽減するためのオンデマンド型の輸送サービスを提供しており、本プロジェクトはその活動を拡充するものとなる。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》