RSS

地方出身者がぼったくり被害 バンコクのタクシー運転手に免停1カ月 

2020年6月9日(火) 16時58分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
 の画像
 
写真提供、タイ陸運局
【タイ】タイ運輸省陸運局は8日、メーターを使用せずに規定を上回る運賃をだましとったなどとして、タクシー運転手のタイ人男性に罰金2000バーツ、免許停止1カ月の処分を下し、公共交通機関のサービスに関する3時間のテレビ講習を受講させたと発表した。

 バンコク都ジャトゥジャク区にあるバンコク・バスターミナル(ジャトゥジャク)(通称、モーチット2)で地方出身のタイ人女性を乗せた際に、メーターを使用せずに走行し、運賃として650バーツをだまし取った。メーターを使用した場合の運賃は200バーツ程度。

 被害にあった女性の知人がフェイスブックに状況を投稿、陸運局が運転手を出頭させ事情を聞いたところ、ぼったくりの事実を認めた。

 タイのタクシーは運転手の粗暴な態度や危険な運転、メーターに細工するなど様々な手口による運賃のごまかし、乗車拒否などで評判が悪い。運転手が覚醒剤を摂取したり、飲酒しているケースもある。
《newsclip》


新着PR情報