RSS

シニアバイスプレジデントのガソリン手当が月7.5万バーツ 経営破たんのタイ航空

2020年6月16日(火) 17時10分(タイ時間)
【タイ】経営破たんしたタイ国際航空のシニアバイスプレジデント(SVP)クラスの月給が65万~70万バーツ、通勤手当(ガソリン手当)が月7万5000バーツだと、タイの連立パートナー、民主党のサマート副党首が15日、自身のフェイスブックに投稿した。

 インターネットユーザーからは「これでは潰れないほうがおかしい」、「これだけもらっておいて倒産か」など経営への批判が殺到している。

 タイ航空は2012~2019年に累計約660億バーツの赤字を出し、2019年末の負債総額は約2450億バーツに上る。経営危機の中、新型コロナウイルス感染症でほぼ全面運休に追い込まれ、今年5月下旬にタイ中央破産裁判所に会社更生手続きを申請、受理された。これを受け、航空券の払い戻しを含む債務返済を停止した。
《newsclip》

特集



新着PR情報