RSS

バンコク郊外の病院2カ所に十数人乱入 医師らに暴力、機器破壊 

2020年7月21日(火) 00時19分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、19日夜、バンコク南郊サムットプラカン県の病院2カ所に地元の若者十数人が乱入し、医師、看護師らに暴力を振るい、医療機器を壊すなどした。警察は20日午後までに、11人を傷害、器物破損などの容疑で逮捕した。

 容疑者グループと対立するグループがサムットプラカン県内の路上で乱闘し、容疑者グループの男性(22)が胸を刺され、搬送先の病院で死亡した。病院に押しかけた容疑者グループは男性が死亡したことを不服として病院内で暴れまわり、女性医師をなぐりけがをさせるなどした。

 容疑者グループは対立するグループの男性2人がけがをして別の病院に搬送されたことを知り、今度はこの病院に乱入。治療を受けていた2人に椅子などを投げつけたり、こん棒を振り回すなどし、医療機器や窓ガラスが壊れた。警官が現場に到着すると、現場から逃走した。

 タイの病院では近年、今回のような乱闘事件が度々起き、社会問題となっている。

 この事件が報道されると、インターネットの交流サイト(SNS)やニュースサイトに「医師や女性に暴力を振るうなどありえない」といった批判が殺到。「そのうち親が出てきて、この子はいい子と言い出す」、「準備ができていないのに子どもを生むべきではない」など、容疑者の親を批判するコメントが多くみられた。
《newsclip》


新着PR情報