RSS

マルチスズキ、初のサブスクリプション立ち上げ…新車を購入から所有へ

2020年9月2日(水) 23時51分(タイ時間)
マルチスズキの高級販売チャンネル「NEXA」の画像
マルチスズキの高級販売チャンネル「NEXA」
《photo by Maruti Suzuki》
マルチスズキの販売店「アリーナ」の画像
マルチスズキの販売店「アリーナ」
《photo by Maruti Suzuki》
スズキのインド子会社のマルチスズキ(Maruti Suzuki)は8月28日、初のサブスクリプションプログラムの立ち上げを発表した。

サブスクリプションとは、利用期間に応じて料金を支払う方式だ。デポジットなし、諸費用などすべて込みのサブスクリプションでは、すべてまとめての月払いになる。

マルチスズキは、マイルズ・オートモーティブ・テクノロジーズと提携して、インドの2都市のハイデラバードとプネにおいて、パイロットプロジェクトとして、サブスクリプションプログラムの「マルチスズキ・サブスクライブ」を立ち上げた。

このプログラムでは、車を購入せずに、車を所有することの利点を体験しようとしているすべての人にソリューションを提供する。顧客はアリーナ店から『スイフト』、『ディザイア』、『ヴィターラ』、『ヴィターラブレッツァ』、『エルティガ』を、NEXA店からの『バレーノ』、『シアズ』、『XL6』を、12か月、18か月、24か月、30か月、36か月、42か月、48か月の期間を選んで利用できる。

月額のサブスクリプション料金は、すべて込みで頭金なしで支払う。車両のメンテナンス、自動車保険、24時間365日のロードアシスタンスが付帯する。サブスクリプション期間が終了すると、顧客は買戻しオプションも選択できる。

マルチスズキによると、環境の変化により、多くの顧客が公共交通機関や共有モビリティソリューションから、マイカーにシフトしたいと考えており、彼らは利用しやすく、長期的な支出を伴わないモビリティソリューションを求めているという。マルスズキ・サブスクライブは、こうした顧客の変化するニーズに対応する、としている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報