RSS

タイ、外国人の滞在期限を10月末まで自動延長

2020年9月29日(火) 00時35分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、タイ首相府
【タイ】タイ政府は28日、国内の外国人の滞在期限を手続きなしで10月31日まで自動延長することを決めた。当初の滞在期限は9月26日で、期限が切れた後に延長が決まるというタイらしい決着になった。

 滞在期限の自動延長は査証(ビザ)の種類を問わず、査証免除で入国した人も対象となる。新型コロナウイルス感染症による渡航規制などを受けた特例措置として、3月26日以降に滞在期限が切れる全ての外国人を対象に導入された。当初の滞在期限は4月30日だったが、渡航規制が長引いたことなどから、期限を7月31日、9月26日と2度延長していた。

 出入国を管轄するタイ警察入国管理局は前回、今回と滞在期限の自動延長に否定的だった。しかし、自動延長措置でタイ国内に居続ける十数万人の外国人が一定の収入源になっているとして、観光業界が延長を陳情。空路の再開が限定的で帰国が困難という現実もあり、政府が延長を認めた。
《newsclip》

特集



新着PR情報