RSS

国内感染ゼロのはずが… タイからの乗客、日本の空港検疫で新型コロナ陽性続々

2020年10月6日(火) 00時36分(タイ時間)
【日本】日本の厚生労働省によると、タイから10月5日に羽田空港に到着した神奈川県在住の60代の男性と同日成田空港に到着した大分県在住の30代の女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。2人とも無症状。

 タイから日本の空港に到着した乗客が空港検疫で新型コロナウイルス陽性となったのは9月1日以降10人となった。

 タイ政府によると、新型コロナウイルスのタイでの国内感染は9月3日に100日ぶりに1例の報告があっただけで、それを除くと、過去4カ月以上、感染が確認されたのはタイ人帰国者、外国人入国者だけとなっている。

 タイからの乗客が日本の空港検疫で新型コロナ陽性となった情報はインターネットの交流サイト(SNS)を通じてタイ国内でも徐々に広がり、SNSのコメント欄には「タイ政府は情報を隠ぺいしているのか」「国内感染が広がっているのではないか」といったコメントが投稿された。

 一方、タイ政府は5日、検疫隔離中のタイ人帰国者1人と外国人渡航者4人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。

 日本から帰国したタイ人女性(55)、インドから渡航したインド人男性2人(33、27)、マレーシアから渡航した客室乗務員のポルトガル人男性(34)、バーレーンから渡航したバーレーン人男性(50)で、国内感染の報告はなかった。

 タイで確認された累計の感染者数は3590人になった。このうち59人が死亡、3390人が治癒(ゆ)して退院した。
《newsclip》


新着PR情報