RSS

「天丼てんや」がシンガポール1号店

2020年10月11日(日) 23時32分(タイ時間)
【シンガポール】ロイヤルホールディングス(福岡市)が展開する天ぷら店「天丼てんや」のシンガポール1号店が15日、オーチャード通りのショッピングモール「オーチャードセントラル」で開業する。

 店舗面積142平方メートル、席数68。天ぷら粉、天丼のたれ、そば、うどん、つゆなどは日本から輸出し、日本のてんやと同じ素材を使用する。生産性と効率性の向上のため、キッチンのオートメーション化に取り組み、自動化装置や配膳ロボット、デジタル注文システム、売上管理・在庫管理システムと連動したPOSシステムなどを導入した。

 価格は天丼8.5シンガポールドル(約655円)、きのこ野菜天丼7.9シンガポールドルなど。

 シンガポール企業によるフランチャイズ店。今後10年以内にシンガポールで20店の出店を目指す。

 シンガポールへの出店により、「天丼てんや」の海外店舗はシンガポール、タイ(14店)、フィリピン(9店)、台湾(3店)、香港(2店)の5カ国・地域となる。
《newsclip》

特集



新着PR情報