RSS

民主派対王党派、14日にバンコクでデモ 在タイ日本大使館が注意

2020年10月12日(月) 18時00分(タイ時間)
【タイ】プラユット政権の退陣、民主的な憲法の制定、王室改革などを求める民主派グループによる大規模な反政府デモが14日、バンコクで予定されている。

 在タイ日本大使館によると、民主派デモ隊は14日午後2時ごろから、ラチャダムヌン通りの民主記念塔に集結する。同時刻ごろ、民主派と対立する王党派も、国王車列歓迎のため、エメラルド寺院(ワット・プラケオ)前に集合する見通し。民主派は同日午後5時ごろから、民主記念塔からタイ首相府までデモ行進する予定。

 大使館はタイに滞在中の日本人に対し、デモ現場に近づかないよう呼びかけている。

 民主派のデモは、1973年10月14日に民主化を求める学生らのデモ隊を当局が武力弾圧し多数の犠牲者が出た「血の日曜日事件」を記念し行われる。
《newsclip》

特集



新着PR情報