RSS

運転トラブルで拳銃向ける タイ汚職取締委高官に執行猶予判決

2020年10月21日(水) 02時07分(タイ時間)
【タイ】汚職を取り締まるタイの国家機関、タイ汚職取締委員会(NACC)のピセート事務局長補佐(54)がタクシー運転手に拳銃を向けたとして脅迫罪などに問われた裁判で、一審の刑事裁判所は20日、被告に禁錮1年、執行猶予2年、罰金3万1000バーツを言い渡した。

 ピセート事務局長補佐は2018年10月、バンコク北郊のタイ政府合同庁舎内の道路上で、自分が運転していた乗用車を停めて車から下り、後続のタクシーに拳銃を向けた。拳銃を向けられたタクシーのドライブレコーダーの動画がインターネットの交流サイト(SNS)に投稿され、事件が明らかになった。

 ピセート事務局長補佐は裁判で罪状を認め、タクシーにクラクションを鳴らされかっとして拳銃を抜いたなどと供述した。また、被害者に謝罪し、お詫びとして現金2000バーツを渡した。
《newsclip》

特集



新着PR情報