RSS

段ボール東南アジア最大手SCGP、タイ証取上場 時価総額1500億バーツ

2020年10月25日(日) 23時46分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、SET
【タイ】タイの大手複合企業サイアムセメント(SCC)の包装材事業子会社SCGパッケージングが22日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

 銘柄コードは「SCGP」。公開価格35バーツ、初日終値35バーツだった。株式時価総額は約1490億バーツで、今年最大の新規株式公開(IPO)となった。

 SCGPはタイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシアに40の工場がある。2019年の東南アジアの段ボール・段ボール箱生産量の36%を占め、市場シェア1位だった。2019年の売上高890.7億バーツ、最終利益52.7億バーツ。

 親会社のSCCはセメント、化学、紙が主力で、2019年の売上高4379.8億バーツ、最終利益320.1億バーツ。筆頭株主は33.6%出資するワチラロンコン・タイ国王。
《newsclip》

特集



新着PR情報