RSS

タイのデュシタニ、京都のホテル運営受託 2023年秋開業

2020年11月3日(火) 00時05分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、Dusit International
【日本】タイのホテル会社デュシタニは2日、京都駅から約850メートルの元植柳小学校跡地(約4700平方メートル)に建設されるホテルの受託運営契約を安田不動産(東京都千代田区)と結んだと発表した。日本初となる「デュシタニ」ブランドで運営する。

 ホテルは客室数約150、地上4階、地下2階、延床面積1万7600平方メートルで、2023年秋開業の予定。

 デュシタニは現在、14カ国で6つのブランドで339のホテル、リゾート、高級ヴィラを展開。日本へはアジアで高級バケーションレンタルを提供するエリートヘブンズを通して進出し、ニセコのスキーリゾートの別荘を運営している。

 日本はタイ人に人気の観光地で、リピーターも多い。日本政府観光局(JNTO)によると、2019年に日本を訪れたタイ人は前年比16.5%増の131万9000人(推計値)に上った。
《newsclip》

注目ニュース

【日本】タイのホテル会社デュシタニは宇都宮駅東口の再開発にともない建設される複合施設(地上27階)でホテルを運営する。国内外の富裕層の取り込みを狙う。2022年開業の予定。

タイのホテル「デュシタニ」 京都進出かnewsclip

【日本】京都市は20日、京都駅から約1キロの元植柳小学校跡地(約4700平方メートル)の再開発で、タイのホテル会社デュシタニが運営するホテルの誘致を提案した安田不動産(東京都千代田区)を契約候補事業者に選...

【アジア】米大手旅行誌「コンデナスト・トラベラー」の読者投票による2020年の世界の魅力的な都市ランキング(米国を除く)の小都市部門でタイ北部のチェンマイが2位に選ばれた。1位はメキシコのサンミゲルデア...

特集



新着PR情報