RSS

ミャンマーに円借款428億円、橋梁建設など

2020年11月5日(木) 00時49分(タイ時間)
【ミャンマー】日本政府はミャンマー政府に対し、2件、総額427億7900万円の円借款を供与する。4日、丸山市郎駐ミャンマー大使とミャンマーのマウン・マウン・ウィン計画・財務・工業副大臣が交換公文に署名した。

 2件は「東西経済回廊幹線道路整備計画(バゴー-チャイトー間新道路)」(供与額277億7900万円)と「中小企業金融強化計画(フェーズ3)」(同150億円)。

 「東西経済回廊幹線道路整備計画(バゴー-チャイトー間新道路)」では、交通需要の急増が見込まれる東西経済回廊のバゴー-チャイトー間で新たに整備される予定のバイパス上に橋梁を建設するとともに、道路・橋梁の維持管理体制の強化に向け、技術者の技能研修機関であるツワナ研究・研修センターを改修する。

 「中小企業金融強化計画(フェーズ3)」では、中長期及び緩和的な担保条件による中小企業向け資金の供与、仲介金融機関の能力強化を支援する。
《newsclip》


新着PR情報