RSS

タイ閣議、首相秘書室付職員に元ミスタイランド登用 ヘロイン密輸で服役閣僚の妻

2020年11月11日(水) 00時27分(タイ時間)
【タイ】タイ政府は10日の閣議で、タマナット・プロムパオ副農業協同組合相(退役タイ陸軍大尉、55)の事実婚の妻で2016年ミスタイランドのタナポン・シーウィラート氏(25)を首相秘書室付の職員に起用することを承認した。

 報道によると、タマナット氏はヘロイン密輸でオーストラリアで4年間服役し、1997年に釈放、国外追放となった。タイに帰国すると、改名してタイ軍に復帰し、翌1998年に昇進した。同年、男性同性愛者の学者に対する性的暴行と殺人で逮捕されたが、2001年、無罪となった。

 昨年7月に入閣した際に服役の事実が発覚したが、プラユット首相(元タイ陸軍司令官)ら政権幹部は不問に付し、その後も閣内にとどまった。今年6月には王党派、軍がバックにつく政権与党パランプラチャーラット党の副党首に就任。今回さらに、事実婚の妻が首相秘書室勤務となったことで、極めて強力な後ろ盾があることが鮮明になった。昨年8月に発表された下院議員の資産報告によると、タマナット氏の資産は9.3億バーツに上る。
《newsclip》

注目ニュース

タイ政権与党、首相元上官が党首に ヘロイン密輸で服役の閣僚が副党首newsclip

【タイ】プラユット・ジャンオーチャー首相(元陸軍司令官、66)を支える政権与党パランプラチャーラット党は27日の党大会で、党執行部役員の改選を行い、プラウィット・ウォンスワン副首相(元陸軍司令官、74)...

ヘロイン密輸でオーストラリアで服役 タイ閣僚めぐる闇深まるnewsclip

【タイ】7月の入閣時にヘロイン密輸でオーストラリアで服役した事実が発覚したタマナット副農業協同組合相(退役タイ陸軍大尉)が、本人の説明と異なり、麻薬犯罪に深く関わっていた疑いが浮上した。

特集



新着PR情報