RSS

タイ観光庁元長官、収賄で禁錮50年確定

2020年11月17日(火) 00時21分(タイ時間)
【タイ】タイ観光庁(TAT)元長官のジュタマート・シリワン被告(73)と娘のジティソーパー・シリワン被告(46)が収賄などに問われた裁判で、タイ最高裁判所は16日、ジュタマート被告を禁錮50年、ジティソーパー被告を禁錮40年とした二審の判決を支持し、判決が確定した。

 判決によると、被告は2002年から2007年にかけ、タイの映画祭「バンコク・インターナショナル・フィルム・フェスティバル」の運営権を映画プロデューサーの米国人夫妻に与え、見返りに、6000万バーツ相当の現金を受け取った。プロデューサー夫妻は米国で海外腐敗行為防止法と資金洗浄防止法違反で起訴され、2010年に禁錮6カ月の実刑判決を受けた。

 ジュタマート被告らは2015年に起訴され、2017年、一審の刑事裁判所が実刑判決を下した。タイの裁判所は控訴、上告した被告の保釈を認めるのが通例だが、2人は一審判決後に収監され、保釈が認められなかった。
《newsclip》

特集



新着PR情報