RSS

「お金見せて」ですり 在タイ日本大使館が注意

2020年11月26日(木) 00時52分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館によると、バンコク都内で11月中旬、外国人に声をかけられた在留邦人が財布から現金を盗まれる事件が発生した。

 犯人は30歳前後の自称ドバイ出身の男女2人組で、コンビニエンスストア店内で、「タイに来て14日間の隔離が終わったばかりです。あなたはどこの国の出身ですか。1ドルは何バーツですか。バーツ札を見せてください」などと被害者に英語で声をかけ、被害者が財布を取り出したところ、突然何も言わず、財布からタイバーツ札や日本円札を抜き取った。被害者は犯人からその場で現金を取り返したが、犯人と別れた後になって、一部のバーツ札、日本円札が奪われたことに気付いた。

 バンコクの路上や店頭などで「日本円を見せて欲しい」などと声をかけられ、財布を取り出した隙に現金を抜き取られる窃盗の手口は過去にも複数回発生している。大使館は「見知らぬ者から、お金を見せて欲しい等の要求があった際には、必ず不審に思い、安易に財布を取り出すことはせず、その場を立ち去る」よう呼びかけた。
《newsclip》


新着PR情報