RSS

バンコク~ナコンラチャシマ高速鉄道 5社に土木工事発注、403億バーツ

2020年11月30日(月) 02時28分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
 の画像
 
画像提供、SRT
【タイ】タイ国鉄(SRT)は26日、バンコクとタイ東北部の中心都市ナコンラチャシマを結ぶ高速鉄道計画(総延長253キロ)について、101.2キロの区間のトンネル、駅などを含む土木工事をイタリアンタイ・デベロップメント(ITD)など建設会社5社に発注した。

 契約額は計402.8億バーツ。

 バンコク~ナコンラチャシマ高速鉄道はタイ政府と中国政府による共同事業で、中国が技術を提供する。総事業費は約1800億バーツで、タイ政府が全額出資する。

 全6駅(バンスー、ドンムアン、アユタヤ、サラブリ、パクチョン、ナコンラチャシマ)、最高時速250キロ。2021年開業を目指し、2017年に最初の3.5キロの区間に着工したが、工事が大きく遅れ、現時点では2025年開業を目指している。今年10月、SRTが車両、信号システム、線路など鉄道システムを中国の国営鉄道会社、中国国家鉄路集団に発注した。契約額は506億バーツ。調印式にはタイのプラユット首相らが出席した。

 中国は雲南省とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ高速鉄道を建設中で、将来的にはバンコク~ナコンラチャシマ高速鉄道をタイ東北部ノンカイまで延伸し、メコン川の対岸のビエンチャンと接続する計画だ。ノンカイ~ビエンチャン間はメコン川に架かる鉄道橋を第1タイ・ラオス友好橋近くに架橋する。計画が実現すれば、中国からラオス経由でタイまで鉄道が接続することになる。
《newsclip》

特集



新着PR情報