RSS

タイ首相、官舎問題で失職回避

2020年12月2日(水) 16時04分(タイ時間)
【タイ】プラユット首相が2014年に陸軍司令官を定年退官した後もバンコク都内の陸軍基地内の官舎に無料で居住していることが利益相反で違憲だとして、野党第1党のプアタイ党が訴えた裁判で、タイ憲法裁判所は2日、国務のためで違憲には当たらないとして、訴えを退けた。

 違憲の場合、失職の可能性があったが、憲法裁は警備上の理由や首相公邸の改装などで官舎を利用しているとした首相側の主張を全面的に認めた。

 タイの憲法裁、最高裁は2005年から続く保守派・王党派とタクシン元首相派・民主派の政治抗争でほぼ一貫して保守派・王党派に有利な判決を下してきた。今回の裁判についても、タイのメディア、政治評論家の多くは無罪を予想していた。
《newsclip》

特集



新着PR情報