RSS

62人搭乗の旅客機、ジャカルタ沖で墜落 遺体の一部回収

2021年1月10日(日) 16時24分(タイ時間)
【インドネシア】9日午後、インドネシアの格安航空、スリウィジャヤ航空のジャカルタ発ポンティアナック行きSJ182便ボーイング737-500型機がスカルノハッタ国際空港を離陸後すぐにジャカルタ沖の海中に墜落した。同機には乗客、乗員62人が搭乗していた。

 インドネシア当局は10日、現場周辺の海上で遺体や機体の一部を回収した。

 インドネシアでは2018年10月にも、スカルノハッタ空港を離陸したライオン・エアのボーイング737MAX型機がジャカルタ沖に墜落、乗客、乗員189人全員が死亡する事故が起きている。
《newsclip》


新着PR情報