RSS

タイ東部の発電所跡地で工業団地開発

2021年1月11日(月) 23時08分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、EGCO
【タイ】タイの電力会社エレクトリシティ・ジェネレーティング(EGCO)は11日、稼働を停止した自社発電所の敷地にタイ工業団地公社(IEAT)と共同で工業団地を開発すると発表した。

 名称は「EGCOラヨン工業団地」。東部ラヨン県マプタプットに立地し、面積99ヘクタール。2022年開業を目指す。

 すでにガス、水道、電気などのインフラが整備されているため、開発期間が短縮できるとしている。

 EGCOにはタイ発電公社(EGAT)が25.4%、東京電力、九州電力などの合弁会社が23.9%出資している。
《newsclip》


新着PR情報