RSS

無人カメラにゾウ、バク、クジャク タイ中西部の野生動物保護区

2021年1月13日(水) 00時41分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ国立公園野生動植物局
【タイ】タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局は12日、タイ中西部のフワイカーケン野生動物保護区(ナコンサワン県)の水場に設置した無人カメラが撮影した、ゾウ、クマ、イノシシ、クジャク、シカの仲間のサンバー、インドキョンなどの写真を公開した。

 フワイカーケン野生動物保護区は世界自然遺産に登録されているトゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群の一部で、面積2780平方キロ。トラの生息も確認されている。
《newsclip》

特集



新着PR情報