RSS

ミャンマーでクーデター 1日にバンコクで反対集会

2021年2月1日(月) 12時24分(タイ時間)
【タイ、ミャンマー】在タイ日本大使館によると、ミャンマーでクーデターが発生したことを受け、1日午後3時半ごろから、バンコクの高架鉄道BTSスラサック駅近くのミャンマー大使館前で、タイの民主派グループなどが政治集会を開く予定だ。

 大使館はタイに滞在中の日本人に対し、集会現場に近づかないよう呼びかけている。

 ミャンマーでは昨年11月に総選挙が実施され、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相率いる与党・国民民主連盟(NLD)が勝利した。しかし、ミャンマー国軍が大規模な不正があったとして選挙結果の受け入れを拒否。1日にクーデターを起こして全権を掌握し、アウン・サン・スー・チー最高顧問ら政権幹部の身柄を拘束した。

 ミャンマー国軍のクーデターの動きに対しては、米国、欧州連合(EU)などが先月29日、ミャンマーの大使館を通じて声明を出し、民主主義を尊重し、選挙結果を受け入れるよう軍に呼びかけていた。
《newsclip》


新着PR情報