RSS

タイ警官隊がデモ隊強制排除 バンコクのミャンマー大使館前

2021年2月2日(火) 00時16分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、バンコク・サトン通りのミャンマー大使館前で1日午後、ミャンマーで発生した軍部のクーデターに抗議するデモ隊数百人をタイの警官隊が強制排除した。この衝突で双方の数人がけがをしたほか、逮捕者が出たもようだ。

 デモ隊にはタイの民主派勢力や在タイ・ミャンマー人らが参加した。タイには100万人を超えるミャンマー人が出稼ぎに来ている。

 ミャンマーでは昨年11月に総選挙が実施され、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相率いる与党・国民民主連盟(NLD)が勝利した。しかし、大規模な不正があったとしてミャンマー国軍が選挙結果の受け入れを拒否。1日にクーデターを起こして全権を掌握し、アウン・サン・スー・チー最高顧問ら政権幹部の身柄を拘束した。

 隣国のクーデターについてタイのプラウィット副首相(元タイ陸軍司令官)は1日、「ミャンマーの国内問題」と述べ、論評を避けた。ウィサヌ副首相は「安全保障当局と外務省が状況を注視している」と述べた。タイの現政権は2014年の軍事クーデターで発足した軍事政権が源流で、実質的な軍政だとして国内の民主派勢力から批判を浴びている。
《newsclip》


新着PR情報