RSS

タイの新型コロナ2波震源地、労働者5万人ごと工場7カ所封鎖へ

2021年2月3日(水) 00時44分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省は2日、新型コロナウイルス感染症第2波の震源となっているバンコク西郊のサムットサコン県について、県内の大規模工場7カ所を2月末まで「封鎖」する方針を明らかにした。

 工場側が従業員の宿泊施設、移動手段を確保し、従業員が市中に出ないようにして、操業を続ける。すでに工場4カ所が封鎖を開始し、残る3カ所が準備を進めている。タイ軍、地元当局が封鎖を支援する。

 7カ所で働く従業員は約5万人で、ほとんどがミャンマーからの出稼ぎ労働者。

 タイでは昨年6月以降、新型コロナの国内感染がほぼ収束した状態が続いていた。しかし、12月にサムットサコンでミャンマー人労働者を中心とする大規模クラスターが発生し、12月18日から2月2日までに1万5511人の感染が確認された。このうち1万1969人がサムットサコンに集中している。
《newsclip》

特集



新着PR情報