RSS

中国の長城汽車、EV中心にタイ市場参入

2021年2月10日(水) 23時50分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、Great Wall Motors
 の画像
 
画像提供、Great Wall Motors
 の画像
 
画像提供、Great Wall Motors
 の画像
 
画像提供、Great Wall Motors
【タイ】中国の自動車メーカー、長城汽車は年内にタイ市場に進出する。電気自動車(EV)に力を入れ、差別化を図る計画だ。

 年内にSUV(スポーツ用多目的車)の「HAVAL H6」、EVの「ORA Good Cat」など「HAVAL」、「ORA」、「GWM」の3ブランドで4つのモデルを投入する。今後3年で投入する9つのモデルのほとんどがEVになる。

 長城汽車は昨年、米自動車大手ゼネラルモーターズ(GM)のタイ東部ラヨン県の工場を買収した。GMは日本勢が強いタイ市場で苦戦が続き、昨年でタイから撤退した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、米自動車大手ゼネラルモーターズ(GM)がタイ市場からの撤退を発表したことを受け、GMがタイで展開する「シボレー」ブランドのディーラーが大幅な割引販売に乗り出した。

【タイ】米自動車大手ゼネラルモーターズ(GM)は16日、タイ東部ラヨン県の工場を中国の自動車メーカー、長城汽車に売却し、年内にタイ国内市場から撤退すると発表した。販売不振で工場の稼働率が低く、事業の続...



新着PR情報