RSS

2020年の対タイ外国直接投資申請54%減

2021年2月16日(火) 00時58分(タイ時間)
【タイ】タイへの投資誘致を管轄するタイ政府機関、タイ投資委員会(BOI)が2020年に受理した外国直接投資事業の投資恩典申請件数は907件(2019年934件)、投資予定額は前年比54%減の2131.6億バーツだった。

 国・地域別で投資予定額が多かったのは順に▼日本759.5億バーツ(211件)▼中国314.7億バーツ(164件)▼米国245.6億バーツ(39件)▼オランダ186.9億バーツ(72件)▼香港163.8億バーツ(76件)▼シンガポール163.7億バーツ(111件)▼台湾116.6億バーツ(56件)▼スイス45.7億バーツ(19件)▼ドイツ30.9億バーツ(21件)▼マレーシア26.4億バーツ(18件)――。

 業種別の投資予定額は▼「農業、アグロインダストリー」122億バーツ(前年比0.1%増)▼「鉱業、セラミック、基礎金属」101.9億バーツ(同75%減)▼「軽工業」146.6億バーツ(同12%減)▼「金属製品、機械、輸送機器」423.8億バーツ(同45%減)▼「電気・電子製品」434.5億バーツ(同42%減)▼「化学、プラスチック、紙」609.1億バーツ(同189%増)▼「サービス、インフラ」292億バーツ(同87%減)――。
《newsclip》

特集



新着PR情報