RSS

ジェットスキー人気で騒音公害 バンコクのチャオプラヤ川

2021年3月8日(月) 01時14分(タイ時間)
ノンタブリ県のチャオプラヤ川を視察するイティラット副運輸相(2021年3月3日)の画像
ノンタブリ県のチャオプラヤ川を視察するイティラット副運輸相(2021年3月3日)
写真提供、タイ運輸省
ノンタブリ県のチャオプラヤ川を視察するイティラット副運輸相(2021年3月3日)の画像
ノンタブリ県のチャオプラヤ川を視察するイティラット副運輸相(2021年3月3日)
写真提供、タイ運輸省
【タイ】バンコク首都圏を流れるチャオプラヤ川でジェットスキーを楽しむ人が増え、危険な操縦や騒音などが問題となっている。

 バンコク北郊ノンタブリ県では、県の港湾事務局で登録されているジェットスキーが162隻に上り、週末や連休には数多くのジェットスキーがチャオプラヤ川を疾走。周辺住民から騒音への苦情が出ている。船舶との事故の危険も指摘され、タイ運輸省は近く、何らかの規制を設ける方針だ。
《newsclip》


新着PR情報