RSS

ヘロイン60キロ、覚醒剤1110万錠 タイで麻薬大量摘発相次ぐ

2021年3月8日(月) 01時15分(タイ時間)
ウボンラチャタニ県の覚醒剤押収現場の画像
ウボンラチャタニ県の覚醒剤押収現場
写真提供、タイ警察第3管区
ウボンラチャタニ県で押収した覚醒剤の画像
ウボンラチャタニ県で押収した覚醒剤
写真提供、タイ警察第3管区
チェンマイ県で押収したヘロインの画像
チェンマイ県で押収したヘロイン
写真提供、タイ陸軍PRセンター
チェンマイ県で押収したヘロインの画像
チェンマイ県で押収したヘロイン
写真提供、タイ陸軍PRセンター
チェンマイ県で押収したヘロインの画像
チェンマイ県で押収したヘロイン
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【タイ】タイの北部、東北部で麻薬の大量摘発が相次いだ。

 北部パヤオ県では1日、警察がピックアップトラックに積まれた覚醒剤の錠剤1110万錠を押収し、タイ人の男女(37、25)を逮捕した。

 4日夜には北部チェンマイ県のミャンマー国境近くの山中で、徒歩で移動している不審な男2人をタイ軍のパトロール隊が発見、誰何したところ、男らは運んでいたヘロイン約60キロを現場に投棄し、逃走した。

 翌5日夜、東北部ウボンラチャタニ県のメコン川岸で、接岸したボート2隻から男数人が覚醒剤を陸揚げしている現場に警官、兵士が踏み込んだ。男らは銃を発砲しながらボートに乗り込み、対岸のラオス方面に逃走。タイ当局は現場に残されていた覚醒剤の粉末385キロを押収した。
《newsclip》


新着PR情報