RSS

タイ首相、記者団に除菌スプレー噴射

2021年3月10日(水) 15時53分(タイ時間)
【タイ】9日の閣議後にバンコクのタイ首相府で行われた記者会見で、プラユット首相兼国防相(元陸軍司令官)が記者団に向け、手に持った除菌スプレーを至近距離から噴射する一幕があった。

 2019年に警察入国管理局長を電撃解任されたスラチェート警察中将が今年2月に警察勤務に復帰した理由を質問された際に、突然、マスクを外し、顔をゆがめながら記者団に近づき、スプレーを振りまいた。記者が「スプレーが口に入った」と苦情を言うと、「殺菌できてよかったな」などと応じた。

 インターネットの交流サイトには「幼稚過ぎる指導者」、「ほんとにばか」など首相への批判が殺到。タイのテレビ、新聞も首相の突飛な行動を批判的に報じた。

 プラユット首相は短気な性格で知られ、過去にも、記者団にものを投げたり、大声で怒鳴るなどの騒ぎを起こした。

 スラチェート中将はタイ警察で異例のスピード出世を続けたが、突如解任され、現在に至るまで、政府から正式な説明はない。昨年1月にはバンコクのスラウォン地区の路上でスラチェート中将の自家用車が銃撃される事件も起きた。事件の数日後、警察副長官2人が解任されたが、この件に関しても、捜査の進展や解任の理由は明らかになっていない。
《newsclip》


新着PR情報