RSS

五洋建設、シンガポール建設大手に出資

2021年3月16日(火) 23時46分(タイ時間)
【シンガポール】五洋建設は15日、シンガポール証券取引所カタリスト市場に上場するコー・ブラザーズ・エコエンジニアリング(KBE)の第3者割当増資を引き受け、同社株式28.8%を約31億円で取得すると発表した。

 KBEはシンガポールの建設大手コー・ブラザーズ・ビルディング・アンド・シビルエンジニアリング・コントラクター(KBCE)の親会社で、土木・建築工事、水処理・廃水処理プロジェクトやパーム油の精製・バイオエネルギープロジェクトを手がけるエンジニアリング会社。

 五洋建設とKBCEは現在、共同事業体で2017年に受注した大深度下水道トンネル(DTSS)2期工事のT-08工区で2本の海底トンネルを施工中。

 五洋建設はシンガポールで1964年以来、埋め立てやコンテナターミナルの建設といった海洋土木工事、地下鉄、高速道路などの陸上土木工事、ランドマークとなる商業施設や大規模病院などの建築工事まで数々の大型プロジェクトに参画してきた。今回の資本提携で、シンガポールの土木分野の事業基盤強化を図る。
《newsclip》


新着PR情報