RSS

タイ、5月末まで新型コロナ非常事態宣言延長 ソンクランの水かけ合戦禁止

2021年3月22日(月) 00時31分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、タイ首相府
【タイ】タイ政府は19日に開催した新型コロナウイルス感染症対策センター会議(議長、プラユット首相)で、新型コロナ対策で強権的な措置を可能とする非常事態宣言の期限を3月末から5月末に延長することを承認した。

 一方、新型コロナの感染第2波が収束傾向にあることを受け、感染抑制に向けた規制を17日付で一部緩和した。

 4月の水かけ祭り(ソンクラン)については、仏像に水をかけるなど宗教・伝統的な行事は許可する。大勢での水のかけ合い、コンサートなどは禁止する。

 タイ保健省によると、タイ国内で新たに報告があった新型コロナウイルスの感染者は19日100人、20日119人、21日90人で、累計2万7803人になった。累計の死者は90人。

 新型コロナワクチンの接種は2月28日に開始され、3月19日までに、医療関係者を中心に6万2941人が接種を受けた。
《newsclip》


新着PR情報