RSS

バンコクのモノレール建設現場でクレーン転落、1人けが

2021年4月15日(木) 19時05分(タイ時間)
事故現場の画像
事故現場
写真提供、バンコク都庁
事故現場の画像
事故現場
写真提供、バンコク都庁
事故現場の画像
事故現場
写真提供、バンコク都庁
イエローラインの建設現場の画像
イエローラインの建設現場
写真提供、Mass Rapid Transit Authority of Thailand
イエローラインの建設現場の画像
イエローラインの建設現場
写真提供、Mass Rapid Transit Authority of Thailand
【タイ】13日正午ごろ、バンコク都内ソイ・シーナカリン1通りで、モノレール新路線イエローラインの建設現場からクレーンのアームが道路上に落下し、現場を走行していたバイクが衝突、転倒した。この事故で、バイクを運転していた人がけがをし、病院に搬送された。

 バンコク都庁は14日、事故の原因究明と再発防止のため、事故があった区間の工事を7日間中止すると発表した。

 イエローラインはバンコク都ラープラーオからバンコク南郊のサムットプラカン県サムロンまでの全長30.4キロ、23駅で、2022年開業を目指している。昨年9月には建設現場の足場が崩れて十数メートル下の道路に落下し電柱2本を押し倒す事故があった。
《newsclip》

特集