RSS

タイ、中国製新型コロナワクチン接種後6人に脳梗塞のような症状

2021年4月22日(木) 00時48分(タイ時間)
タイ保健省の記者会見(2021年4月21日)の画像
タイ保健省の記者会見(2021年4月21日)
写真提供、タイ保健省
【タイ】タイ保健省は21日、タイ東部ラヨン県で中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた医療関係者6人に接種から5~30分後に脳梗塞のような症状が出たことを明らかにした。

 症状が出た人のうち1人はがん、1人は高脂血症で、2人は肥満だった。また、4人が避妊薬を摂取したことがあった。

 血栓溶解薬を投与するなどし、全員が1~3日で回復した。

 タイ政府がこれまでに調達した新型コロナワクチンは中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製200万回分、英アストラゼネカ製11万7300回分で、2月28日にシノバック、3月16日にアストラゼネカのワクチンの接種を開始した。4月20日までにワクチン接種を受けた人は71万2610人で、60万4947人が1回の、10万7663人が2回の接種を受けた。
《newsclip》