RSS

タイ中部のCP鶏肉加工工場で新型コロナクラスター

2021年6月1日(火) 00時02分(タイ時間)
【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)のタイ中部サラブリ県の鶏肉加工工場で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した。

 タイ保健省によると、31日までに従業員約5900人のうち4863人の検査を実施し、外国人労働者と中心とする427人が陽性と診断された。ほとんどが無症状だという。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は2020年の売上高が前年比11%増、5897.1億バーツ、最終利益が41%増、260億バーツだった。

特集