RSS

【PR】今話題のピントン工業団地による「東部経済回廊(EEC)域内工場インタビュー」

2021年6月1日(火) 02時00分(タイ時間)
今話題のピントン工業団地による「東部経済回廊(EEC)域内工場インタビュー」の画像
今話題のピントン工業団地による「東部経済回廊(EEC)域内工場インタビュー」
今話題のピントン工業団地による「東部経済回廊(EEC)域内工場インタビュー」

 タイ政府が国家プロジェクトとして打ち出した「東部経済回廊(EEC)」地域には、数多くの工業団地が存在します。何を基準として進出先を絞り込むべきでしょうか。今回は、現在タイで最も勢いのある工業団地のひとつ、「ピントン工業団地」に投資する大手企業、Nikko Asia (Thailand) Co., Ltd.へのインタビューを紹介いたします。

 代表取締役社長を務める山本陽介氏は、同社がピントン工業団地を選んだ理由について、

「ピントン工業団地はタイの輸出入の拠点となるチョンブリ県レムチャバン港に程近く、製品輸送にとても便利です。管理もしっかりなされており、工場建設も安心です」

と述べています。同社グループがピントン工業団地に建設する工場は、タイで初となる150度の温度を保持する特殊技術を駆使し、アスファルトを製造するプラントです。ほか、関連産業機械の製造販売も手掛けます。同社ヒーターは、石油、ガス、バイオマスなど、さまざまな燃料の使用が可能で、顧客のあらゆるニーズに対応が可能です。

 山本社長はEECの今後について、「ピントン工業団地が拠点を構えるEEC地域は近い将来、アジア全域への輸出入が可能となる中心地として発展するものと確信しています」
と話しています。

高品質のアスファルト製品をお探しの方はこちら ---> https://www.nikko-net.com/en/

 タイ政府は常に、EEC域内での事業展開を計画するする外国人投資家に対し、投資支援、恩典付与などを提供しています。詳しくはこちら ---> https://www.boi.go.th/ja/index/

 ピントン工業団地では現在、レムチャバン港およびラヨン県マプタプット港界隈での新規プロジェクトを開発中。視察および予約が可能です。新規のお客様には団地内ホテル、セミナールーム、レストラン、フィットネスの割引サービスを用意しています。

詳細 ---> https://www.pinthongindustrial.com/ja/home-4/
《newsclip》

特集