RSS

【PR】「ここがポイント」日本人が見た建設現場 内装編その7 福孝工務店

2021年6月4日(金) 20時25分(タイ時間)
岡野孝治氏(左から2人目)、迫田美輝氏(左端)とタイ人スタッフ(写真撮影中以外はマスク着用)の画像
岡野孝治氏(左から2人目)、迫田美輝氏(左端)とタイ人スタッフ(写真撮影中以外はマスク着用)
岡野孝治氏(右)、迫田美輝氏(左)(写真撮影中以外はマスク着用)の画像
岡野孝治氏(右)、迫田美輝氏(左)(写真撮影中以外はマスク着用)
カウンター席スペースの画像
カウンター席スペース
床の高低差を利用しての空間の仕切りの画像
床の高低差を利用しての空間の仕切り
店舗正面3DCGの画像
店舗正面3DCG
店舗内3DCGの画像
店舗内3DCG
カウンター席スペース3DCGの画像
カウンター席スペース3DCG
店舗内3DCGの画像
店舗内3DCG
 今回の現場はバンコク都内のトンロー&エカマイ地区。日系小売店ドンキモール・トンロー近辺に新しく開店する日本食レストランです。

 店舗はタウンハウス利用。店内の手前はカウンター席。奥にテーブル席、そして上階に個室が用意されます。

ポイント(1):ターゲット客層に合わせた内装
 ターゲットとなる客層は、タイ人の富裕層と日本人という設定。工事はこれからとなりますが、照明など工夫を凝らした配置となります。上階は既存の個室を有効利用し、やはり雰囲気のある設計となっています。

ポイント(2):床の高低差を利用した空間の仕切り
 1階は当初より手前と奥で床に40センチの高低差がありました。この段差ももちろん効果的に利用。手前のカウンター席と奥のテーブル席の空間を仕切る設計とし、空気感を変えています。

ポイント(3):店内の仕切りにファブリック使用
 客席と通路との仕切りに、物質的に固い素材の壁やパーテーションなどではなく、ファブリック(布)を使用しています。これによって圧迫感を発生させず、柔らかい雰囲気を演出することが可能となります。

 4月18日着工、1カ月弱で工事終了。家具搬入を待って照明の設置に入ります。誰もが苦労を続けるコロナ禍ですが、この時期だからこその物件の選びやすさ、工事の順調な進行というメリットが存在するのも確かです。そのコロナ禍で遅れ気味ではありますが、お店は近日中の開店となります。店内の雰囲気を実感してください。

FUKUTAKA KOUMUTEN (THAILAND) CO., LTD.
Head Office:
 住所:33 Manutham Mansion 2nd Fl., Rm No. 4, Soi Sukhumvit 51, Sukhumvit Rd.,
    KhlongtonNua, Wattana, Bangkok 10110
 電話:02-662-5551, ファクス:02-662-5900
 携帯:094-010-3059(岡野)
Branch No. 1:
 住所:85/103 Rm. No.C6 Moo 20, Tambon Bangpleeyai, Amphoe Bangplee,
    SamutPrakarn, 10540
 電話:02-186-8632 
Eメール:fk88th@fukutaka.com
ウェブサイト:www.fukutaka.com
《newsclip》

特集