RSS

双日、グラフェン製造のシンガポール企業に出資

2021年6月24日(木) 22時14分(タイ時間)
【シンガポール】双日は24日、ナノカーボン材料のひとつであるグラフェンを製造販売するシンガポール企業2Dマテリアルズに出資したと発表した。2Dマテリアルズとの協業で、次世代技術、新素材分野に参画する。

 グラフェンは炭素原子が網目の様に六角形に結びついてシート状になったハチの巣の断面のような構造を持つ。極めて薄い、軽い、しなやか、透明といった特長があり、ダイヤモンド並みの強度を持ちながら柔軟に折り曲げることが可能。加えて、電気伝導性、熱伝導性が高く、シリコンや貴金属の代替としての需要が期待される。高い潜在性の一方で、製造の難度が高く、高価な素材であるため、本格的な商業化には至っていない。

 2Dマテリアルズはグラフェン研究で世界最先端のひとつであるシンガポール国立大学からスピンアウトしたスタートアップ企業。環境負荷の低い溶媒を使用したクリーンな製造プロセスを用いて高品質なグラフェン製品を製造する技術を持つ。環境負荷が高い特殊な溶媒を使用してグラフェンを製造する競合企業に比べ、よりシンプルなプロセスでグラフェンを製造できるため、製造コストの削減につながり、より低価格での販売が実現可能。

 双日は世界約5000社に及ぶ化学業界の顧客ネットワークや販売調達ネットワークを活かしながら、2Dマテリアルズの高品質、低価格なグラフェンの実用化を推進する。
《newsclip》

特集