RSS

三菱地所、ジャカルタ中心部に超高層ツインタワー

2021年6月30日(水) 19時12分(タイ時間)
「Oasis Central Sudirman」 外観完成イメージの画像
「Oasis Central Sudirman」 外観完成イメージ
画像提供、三菱地所
【インドネシア】三菱地所は30日、インドネシアの公務員年金基金運用会社である国営企業タスペンの不動産事業子会社タスペン・プロパティ・インドネシアと共同で、ジャカルタ中心部の大規模複合開発事業「オアシス・セントラル・スディルマン」に参画すると発表した。

 ジャカルタの目抜き通りであるスディルマン通りに、地上75階、地下3階、高さ約340メートルのオフィス・サービスアパート棟と地上65階、地下3階、高さ約200メートルの分譲住宅棟を開発する。敷地面積約3万3000平方メートル。2024年初旬着工、2028年竣工の予定。総事業費は約521億円。
《newsclip》

特集