RSS

日本が寄贈の新型コロナワクチン、タイ首相府で引き渡し式典

2021年7月13日(火) 01時07分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
 の画像
 
写真提供、タイ首相府
【タイ】日本がタイに寄贈した英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン約105万回分の引き渡し式典が12日朝、バンコクのタイ首相府で開催された。

 アヌティン副首相兼保健相と梨田和也駐タイ日本大使が出席し、新型コロナ感染者との接触で自主隔離中のプラユット首相兼国防相がオンラインで参加した。

 タイ政府はタイ王室傘下の製薬会社サイアムバイオサイエンスの工場で今年6月から国内生産するアストラゼネカのワクチンをワクチン調達計画の主軸としていたが、供給が安定せず、生産は軌道に乗っていないとみられる。

 ワクチン寄贈を伝えたタイ首相府のフェイスブックには、日本への感謝のコメントのほか、「タイはアストラゼネカのワクチンの生産拠点のはず。なぜ日本から寄贈してもらうのか説明してもらいたい」といった政府批判のコメントもみられた。
《newsclip》