RSS

日本政府、インドネシアからの帰国特別便 新型コロナ感染拡大で

2021年7月15日(木) 23時54分(タイ時間)
【インドネシア】日本政府は日系航空会社(日本航空、全日空)と連携し、ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港発成田空港着の特別便を近日中に運航する方針だ。インドネシアで新型コロナウイルスの感染が拡大し、医療崩壊が迫っているため、帰国を希望する日本人を支援する。

 特別便を利用するには(1)出国前72時間以内および日本到着時の検査(2)健康状態および位置情報の確認(3)入国後14日間のホテルなどでの待機(4)入国後3日目、6日目、10日目のPCR検査(5)成田空港から待機施設までの移動手段の確保(公共交通機関は使用不可)(6)日本側の受け入れ企業、団体が帰国者の入国後14日間の防疫措置を確約する誓約書を外務省に提出――などが必要。(3)、(4)、(5)は日本側の受け入れ企業、団体が手配し、費用を負担する。

 インドネシア政府発表による同国の7月14日の新規感染者数は5万4517人、死者は991人、15日は感染者5万6757人、死者982人。15日までの累計は感染者272万6803人、死者7万192人。実際の数字はこれを大きく上回るとみられる。日本の外務省によると、新型コロナで死亡したことが確認されたインドネシア在住の日本人は12日時点で14人。
《newsclip》