RSS

タイ民主派13人を不敬罪で起訴 国王のドイツ滞在めぐり

2021年7月23日(金) 01時30分(タイ時間)
【タイ】タイの公共放送タイPBSなどによると、民主活動家のタイ人男女13人が22日、不敬罪と煽動罪で起訴された。

 昨年10月、バンコクの在タイ・ドイツ大使館前で反タイ政府集会を開き、ワチラロンコン・タイ国王がドイツから国事行為を行っているかどうかを調査するよう求める要望書をドイツ大使館に提出したことで、国王批判を禁じた不敬罪に違反したとされた。

 ワチラロンコン国王は当時、1年の大半をドイツで過ごすとされていた。

 タイの民主派は軍事政権の流れをくむプラユット政権の退陣、民主的な新憲法の制定、王室改革などを要求し、バンコクで散発的にデモを行っている。タイ警察は22日、今月行われたデモの参加者150人以上を、5人以上の集まりを禁じた非常事態宣言違反などの容疑で捜査していると明らかにした。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクで反政府デモ 警官隊が催涙弾、ゴム弾発射newsclip

【タイ】18日午後、バンコクのタイ首相府近くで行われた反政府デモに、警官隊が催涙弾、ゴム弾を発砲、放水するなどし、デモ参加者数人がけがをした。

【タイ】タイ王室傘下の製薬会社サイアムバイオサイエンスのタイ工場で製造する英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンをめぐり、タイ政府とアストラゼネカのやりとりを記した内部文書が流出した。