RSS

タイ、30日の新型コロナ新規感染報告1万7345人 117人死亡 ロックダウン継続か

2021年7月30日(金) 23時07分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、タイ保健省
 の画像
 
画像提供、タイ保健省
【タイ】タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センターによると、30日に報告があった新型コロナ新規感染者は国内感染1万7337人、検疫隔離中の帰国者、入国者8人の計1万7345人、死者は117人だった。

 国内の刑務所で新たに681人の感染が確認された。刑務所を除く都県別の新規国内感染者数はバンコク都3231人、バンコク南郊のサムットプラカン県1386人、西郊のサムットサコン県1186人、東部チョンブリ県914人など。

 新たな死者は33~92歳の男性62人、女性55人で、タイ人112人、ミャンマー5人だった。自宅で死亡したのはバンコク9人、バンコク北郊のパトゥムタニ県1人の計9人。

 累計の感染者数は57万8375人になった。累計の死者数は4679人、死亡率は0.81%。

 入院中(臨時病床を含む)は前日から約6600人増え19万2526人、人工呼吸器を装着している患者は11人増え1012人。

 タイ保健省疾病管理局のオーパート局長は30日の記者会見で、今月12日にバンコク首都圏などで開始した都市封鎖(ロックダウン)について、解除した場合、9月半ばで1日の感染者4万人超、死者500人超になる可能性があると予想。ロックダウンを継続し、感染者の追跡調査とワクチン接種を進めれば、今後2~4週間で感染者数が減るという見通しを示した。
《newsclip》