RSS

バンコク都心の超高層マンション、建設許可取り消し 三井不動産が参画

2021年8月3日(火) 00時23分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、バンコク都心の超高層分譲マンション「アシュトン・アソーク」が建物管理法に違反しているとして、近隣住民らが建設許可の取り消しを求めた裁判で、一審のタイ中央行政裁判所は7月30日、訴えを認め、建設許可を取り消した。

 「アシュトン・アソーク」はアソーク交差点の都市鉄道ブルーライン(地下鉄MRT)スクムビット駅前に立地し、地上50階、783戸。タイの不動産デベロッパー、アナンダー・デベロップメントと三井不動産が共同で開発し、2017年に完成した。すでに80%以上を分譲済みという。

 アナンダーは2日、判決を不服として、控訴する方針を明らかにした。
《newsclip》