RSS

学校の水道代954万バーツ、家庭の電気代31万バーツ タイで誤請求相次ぐ

2021年8月13日(金) 00時39分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ南部パンガー県の公立学校に、7月の水道料金として954万1130バーツ(約3200万円)の請求書が届き、地元市長が調査に乗り出す騒ぎとなった。

 この学校は約10年前から井戸水を利用し、水道は使用していなかった。タイ地方水道公社(PWA)の担当者は、水道メーターの確認を委託していた民間企業が記入を間違えたと釈明し、市長、校長らに謝罪した。

 東部チョンブリ県では、一家3人が暮らす一戸建て住宅に7月の電気料金として31万8249バーツの請求書が届いた。この家の電気料金は1カ月700バーツ程度だったが、4月は1000バーツ超、5月は40バーツ、6月は2000バーツだったという。この地区の電力供給を担当するタイ海軍の部署はシステムの不具合が原因として間違いを認め、修正を約束した。
《newsclip》

特集