RSS

殺人ビデオ流出 前署長らタイ警官7人逮捕

2021年8月27日(金) 02時00分(タイ時間)
【タイ】こう留中の麻薬容疑者のタイ人男性(24)を脅迫、殺害した容疑で指名手配された前ナコンサワン市警署長のティティサン警察大佐(39)が26日、東部チョンブリ県の警察署に出頭し、逮捕された。

 警察によると、被害者は今月5日、中部ナコンサワン県で交際相手の女性とともに麻薬所持容疑で逮捕された。当時ナコンサワン市警署長だったティティサン大佐と市警署員らは6日、市警の施設で、男性に釈放する見返りとして200万バーツを要求し、手錠をかけ頭にビニール袋を被せて床に押さえつけて脅迫した。男性はその場で窒息死した。男性の遺体を検死した医師は大佐の指示を受け、死因を覚醒剤の過剰摂取と報告した。

 現場にいたナコンサワン市警勤務の警官が人権派弁護士団体に相談し、事件が発覚した。警察はティティサン大佐を22日付で事実上の停職処分にしたが、大佐の取り調べや逮捕は見送った。これを受け、弁護士側が24日、オフィスのような場所で頭にビニール袋を被せられ手錠をはめられた男性が複数の男に押さえつけられ動かなくなる様子を撮影した動画をフェイスブックに投稿した。決定的な証拠が上がったことで、プラユット首相兼国防相(元陸軍司令官)がスワット警察長官にティティサン大佐らの捜査を指示。警察は翌25日、ティティサン大佐をナコンサワン市警署長から解任し、大佐と市警署員6人を殺人などの容疑で指名手配した。

 容疑者7人は26日までに全員が逮捕された。逮捕された署員の1人は連行される際に、記者団に「正義を」「私を助けて」と泣き叫んだ。

 タイの公共放送タイPBSなどによると、ティティサン大佐は取り調べに対し、麻薬組織の情報を聞き出すため容疑者に暴行を加えたとして、現金の要求や殺意を否定。裁判で争う姿勢を示したという。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中部のナコンサワン市で今月6日、市警の施設でこう留中の麻薬容疑者のタイ人男性(24)が殺害された事件で、タイ警察は25日、市警署長のティティサン警察大佐(39)と警官6人を殺人などの容疑で指名...

特集